“英語を学ぶ”といっても多くの留学先がある。
マレーシア留学と他国の特徴を比べてみよう!
英語圏はアメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダ・ニュージーランドといったネィティブ英語圏と、これら以外のノンネィティブ英語圏に 大きく分けられます。今は“英語ができる人と英語ができない人では仕事も年収にも大きな差”があります。
(参考:英語ができる人の平均年収=707万円、英語ができない人の平均年収=400万円台)
同時に職種や企業により違いはありますが、総じて日本人は“ネィティブよりはノンネィティブと英語でやり取りをするケースが多い”と いうことです。これは世界の人口の多くがノンネィティブなわけですから、今後我々日本人はますますノンネィティブな方々とコミュニ ケーションを取る確率が高まってきます。よって、ノンネィティブ国への英語留学を経験して、ノンネィティブの英語を理解できるように しておくことも得策といえます。
以下の表は英語留学を検討されている方が英語留学先を決定されるのに、参考となると思われる英語留学先の比較表です。 この表から、いかにマレーシア留学が他国には無い独特な英語留学先であることがお分かり頂けると思います。

英語留学先比較表

項目/国   MAL USA UK CAN AUS NZ FIJI PHI
レッスン 1対1 × × × × × × ×
グループ
滞在 ホームステイ × ×
× × ×
アパート・コンド × × × × × ×
ビザ 観光
学生 不要
ワーホリ × × × × ×
治安 銃社会 NO YES NO NO NO NO NO NO
日本よりは 悪い 悪い 悪い 悪い 悪い 悪い 悪い 悪い
現地物価 日本よりは 激安 同じ 高い 同じ 高い やや安い 激安 激安
生徒国籍 多い・少ない等 大変多い 多い 多い 学校による 学校による 学校による 日本のみ 少ない
料金順 (安いほうから) 2 6 7 4 5 3 1 1
※USA=アメリカ、UK=イギリス、CAN=カナダ、AUS=オーストラリア、NZ=ニュージーランド、FIJI=フィジー、
PHI=フィリピン、MAL=マレーシア
『料金順』の4位以下4カ国は留学期間、地域、学校により料金幅が大きくあります
欧米よりは低料金、生徒はフィリピン・フィジーよりはるかに多国籍、 ホームステイは無いが自由度が高いマレーシア留学はコチラから
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金 欧米よりは低料金
欧米よりは低料金