マレーシアという国

マレーシアは人口約2,995万人の東南アジアの国の一つであり、マレー半島南部とボルネオ島北部で構成されている人口約3000万人の立憲君主制国家である。ASEANの一員であり、インドネシア、ブルネイ、タイと陸上の国境線で接している。また、フィリピンとは海を隔てて近接している。
イギリスの植民地であったため、公用語はマレーシア語と英語である。クアラルンプールを国の最大首都としており、近年では高速道路、モノレール、鉄道の開発が進められており、その発展ぶりは日本の都会と比較してもそん色は無い。

民族構成

多民族国家のマレーシアでは、マレー系(65%)、中華系(24%)、インド系(8%)、その他(3%)の順で人口の比率となっている。各民族は融合することなく、それぞれの民族が独自の言語、宗教、生活習慣、民族衣装、食生活等の文化、伝統を守りながら暮らしており、他の民族に関し不関心・不可侵のスタンスで互いの民族における宗教・生活様式を尊重し共生している。

言語

マレーシア語を公用語としており正式には「Bahasa Malaysia」と呼んでいる。民族によって主に喋る言語も異なる場合があり、マレー系民族はマレー語、中華系民族は中国語、そしてインド系民族はタミル語といった言語を話す。
英語を母語とするマレー人、華人、インド人も多くいるためマレーシア世界でも有数なマルチリンガル国家としても知られている。

日本からのアクセス

日本から直行便でマレーシアに行って頂く場合は、成田空港からクアラルンプールまでマレーシア航空と日本航空が運航しており、関西空港からもマレーシア航空が週6便運航している。格安航空会社のエアアジアは羽田空港、関西空港、中部空港から運航している。

planes1 planes2

日本との関係

現在、マレーシアでは約2万人の在留邦人がおり、日本人の人口は主にクアラルンプールがあるセランゴール州に集中している。また、貿易関係では、日本はマレーシアから鉱物性燃料、電気器具や木材等を輸入している。尚、日本との時差は-1時間である。

治安

マレーシアは東南アジアの中でも治安は比較的良いとされているが、街中ではひったくりやスリの犯罪もある。また現地でブランド物のバッグや高価な宝石類、派手な服を身に纏うことにより、狙われやすくなる。
また、できる限り夜に一人で(特に女性は)出歩くことを避け、一人以上の人数でタクシーを利用することを勧める。

交通

クアラルンプール周辺では近代化に伴い高架電車やモノレール等が整備されており、今では時速350キロの高速鉄道プロジェクトも検討されている。また、タイ国境からシンガポールの国境付近まで縦断するにはマレー鉄道を利用できる。尚、クアラルンプール市内では無料の巡回バスも存在している。

交通
交通
交通
交通

宗教

マレーシアの国教はイスラム教でありマレー系民族がこの宗教を信仰している。中華系民族は仏教を信仰し、インド系の場合はヒンドゥー教が多いと言われている。マレーシアは以前イギリスの植民地であったため、キリスト教徒の人口も存在する。
イスラム教が普及している国なため、派手で露出の多い服装は避けることを勧める。

宗教 宗教

食事

マレー系の多数を占めるムスリムの間では豚肉やお酒を口にしない決まりがあり、宗教によっても食文化が異なっている。東南アジア独特の調味料やココナッツミルクなどを使った料理が多くあり、魚料理も豊富な国である。マレーシア滞在の楽しみのひとつが多国籍なグルメを味わえることなため、多くの屋台料理を体験してみよう。

食事 食事

通貨

マレーシアの通貨はリンギットと呼ばれており、1リンギットあたり約30~35円程である。リンギットはMYRかRMと表記され、紙幣は100、50、20、10、5、1の6種類存在する。

教育

マレーシアでは多民国家であるため、国語であるマレー語を教育言語とするが、中には中国語やタミル語を教育言語として使用する学校もある。初等教育6年、中等教育5年、大学予備教育1年~1年半という教育制度があるが、日本と違い、義務教育に関する法令は無い。

生活環境

日本と違い、水道水は直接飲めないため市販のミネラルウォーターを飲用し、レストランでもできる限り有料の水を頼むと良い。
電圧
電圧 マレーシアの電圧は240Vのため日本の電化製品を使用する時は変圧器が必要となり、また、コンセントの差し込み口の 形も日本と異なっているため変換プラグが必要である。
インターネット環境
電圧 マレーシアでは無料Wifiを提供している施設が多くホテルやカフェなどでは問題なくインターネット が利用できる。最近ではポケットWifiも現地で手軽に購入できる。
上記のように外で無料のインターネット回線が多くの場所で利用できることは日本より便利な点だが、インターネットの接続スピードに関しては遅いことが往々にしてある。
電圧 インターネット環境

物価一覧表

分野 項目 金額(マレーシアリンギット)
交通 路線バス 1〜2.5 (33〜83円)
タクシー 3.0〜 (100円〜)
電車 0.7〜3.0 (23〜100円)
娯楽 映画 13.0〜 (429円〜)
飲食 フードコート・屋台 5.0〜10.0 (165〜330円
ファーストフード(セット) 10.0〜12.0 (33〜396円)
日本食レストラン(定食) 15.0〜35.0 (496〜1,155円)
海外チェーンのコーヒー 8.0〜15.0 (264〜495円)
1.5Lの水ペットボトル 0.7〜2.5 (23〜83円)
インスタントラーメン(5袋入り) 3.0〜8.0 (99〜264円)
1.0Lの牛乳 6.0〜9.0 (196〜297円)